back to Home

タッセル・ワークショップのご案内

[ 2019年5月 ワークショップの詳細 ]

4/8(月) 予約サイトにて受付開始します。

それぞれ定員は基本4名、日傘のタッセルと麻のタッセルは5名、カーテン・タッセルは3名となります。

 

[ お申し込み ]

予約専用サイト(←クリック)  こちらよりお申込みください。

初めてご参加される方は、必ずご住所・お電話番号(当日連絡がつく携帯のもの)もご記入ください。2回目以降は不要です。

当日は開始時間の約10分前からご入来いただけます。

終了時間は目安です、±30分程の差が出る可能性があります。

お持ちでしたらよく切れるはさみと、必要な場合は眼鏡等をご持参ください。

 

もし専用サイトが使えない場合があれば、以下からお願いいたします。

お申込みフォーム(←クリック)

 

(昨年までの参加者の皆様へ:

昨年とタイトルや受講順序の指定等が少し変わっていますが、内容に大きな変化はございません。

改めて参加する必要はないのでご安心ください)

 


 

【 いつでもどなたでも受講できる単発ワークショップ 】 

- 簡単!グリーンに似合う麻のタッセル

- ダブル仕様の日傘のタッセル

- ソフト・タッセルつきのドア・ストッパー

- ベルベットリボンのタッセル

【 なるべく順番に受講しよう 本格タッセルのワークショップ 】 

- シルク糸で作る 初めてのキー・タッセル 【基礎】

- 美しく撚る コード・メイキング(ソフト・タッセルつき) 【初級】

- スカートの装飾 陶器のドアノブのキー・タッセル 【初級】

- ウエストの装飾 ラフを加えるキー・タッセル 【初級】

- POMPON 毛糸でキー・タッセル 【中級】

- フリンジにチャレンジ 撚り房を作る 【中級】

- ヘッドの装飾 ネッティング 【中級】

- 初めてのカーテン・タッセル 【中~上級】

本格タッセルのワークショップでは、基本的に糸の色は在庫の中からご自由にお選びいただけますが、その時々により使用する絹糸の種類が変わる可能性があります。

 


 

【 簡単!グリーンに似合う麻のタッセル 】 

¥6,500 / 3h

 tassel-class-2

ガーデニング用麻ひもで作る麻のタッセルです。

初心者向けで楽しく、気楽に作っていただけます。

色は赤、紺、緑、ナチュラル、アイボリーにグレー。各自2つ作るので、色違いで作れます。

リースやドア飾り、スワッグ、ハンギング・プランツ等に上手にアレンジするのがおすすめ。

耐久性の高い素材なので、半屋外の使用にも耐えます。

* リースは付属しません / 丈夫な麻で、ややチクチクする素材です / キー・タッセルのような見た目ですが、ワイヤーは使用しないで製作します

 

 

【 ダブル仕様の日傘のタッセル 】

¥7,000 / 3h

そろそろ日傘の季節!日傘にこだわったら、それに合わせるタッセルにもこだわってみましょう。

芯に木玉を使う製法で、存在感のあるタッセルをダブル仕様で。

お色はもちろん日傘に合わせて。

落ちにくい取り付け方もご紹介するので、ぜひ日傘をご持参ください。

* 一人1本作ります

 

 

【 ソフト・タッセルつきのドア・ストッパー 】

¥7,000 / 3h

ソフト・タッセルの基本を学びつつ、ミニ・クッション型の便利な重石を作ってみませんか。

例えば室内のドア・ストッパーに。あるいは、本棚にのせるブック・エンドに。リストレストとしてもおすすめです。

やわらかいので万能な重石になります。

布地は数種類ある中からお選びいただけますが、写真とは異なる布になります

(後日、今回の布地の選択肢をアップ予定。)

* 一人1つ作ります / 中には消毒済みの砂が入ります

 

 

【 ベルベットリボンのタッセル 】

¥7,000 / 2h

tassel-class-1 花とタッセル

タッセルのエッセンスを詰め込んだ、サリータッセルのオリジナル手法によるタッセル。

さらさらと揺れる房とクラシカルなベルベットのリボンが特徴です。

ドレープ感がきれいな糸で房を作り、何色ものリボンから好きな組み合わせを選んでデザインします。

(基本的に販売している作品と同じデザインのレッスンはしておりません。このデザインのみ特別にワークショップでも取り扱っております。)

<追記:難易度について>

こちらは単発ワークショップの中では、やや難易度が高めです。

「タッセル」としては決して難しい構造ではないのですが、きれいに仕上げるために各素材の細かな処理など、

切る・貼る・塗る・巻く・縫う・結ぶ・整えるといった工程が多いので、なんだかの手芸・工作の経験者におすすめです。

とは言え、まったくの初心者の方でも受講可能です。

* 一人1つ作ります / 使用する金具のデザインが異なる可能性があります

 

 

【 シルク糸で作る 初めてのキー・タッセル 】

¥10,000 / 4h

ここからが本格的なタッセル作りです。この回が入り口であり、これ以降の基本となります。

シルク糸とワイヤーを使って、ふんわりしたキー・タッセルを作る製法を経験してみましょう。

ヘッド(タッセルの上部)は芯となる木型をギンプやコードで装飾し、スカート(糸の房の部分)はシンプルに1段で作ります。

* 一人1つ作ります

 

 

【 美しく撚る コード・メイキング(ソフト・タッセルつき) 】

¥10,000 / 4h

(この作例は諸事情により和風の仕上がりですが、実際は撚り合わせが分かりやすくなるよう、カラフルに作ります)

糸を撚りコードを作る技術は、タッセル作りに欠かせません。

ここでは高い装飾性を求め、糸の束を複雑に撚り合わせたコード6~7種類を作っていきます。

最後にお好きなコード1本の両端に大きめのソフト・タッセルを加え、タッセルつきのロープを完成させます。

ソフト・タッセル作りの練習も兼ねているので、その点でもおすすめです。

* 写真は最終的に作るソフト・タッセルつきのもの / ひたすら糸を撚る回です

 

 

【 スカートの装飾 陶器のドアノブのキー・タッセル 】

¥14,000/ 4h

基本を押さえたら、次はスカートに装飾を。

ここではスカートは2段の造りになり、かかる手間も使う糸の量もぐっと増えます。

スカートに手間がかかる分、ヘッドには絵付けが可愛い陶器のドアノブを使ってみましょう。

陶器のドアノブは数種類ある中からお選びいただけます、写真と同じデザインはない場合があります

* 一人1つ作ります / 時間によっては外側のソフト・タッセルの仕上げのみ、宿題となります

「初めてのキー・タッセル」を少なくとも一度受講している必要があります。

 

 

【 ウエストの装飾 ラフを加える キー・タッセル 】 

¥15,000 / 5h

 

スカートの装飾が出来たら、次はウエストです。

このもふもふした飾りは「ラフ」といい、ワイヤーを使って作る平面状のポンポンのようなもの。

ヘッドの装飾、スカートの装飾、仕上げにラフ。時間はかかりますが、ますます本格的な仕上がりになります。

* 一人1つ作ります / 時間によっては外側のソフト・タッセルの仕上げのみ、宿題となります

必須:初めてのキー・タッセル 推奨:コード・メイキング、スカートの装飾

 

 

【 POMPON 毛糸でキー・タッセル 】 

¥10,000/ 4h

オーソドックスなスタイルを経験したら、次はちょっとユニークなものを。

ボリュームたっぷり、ポンポンだらけ!なんだか気持ちが癒される毛糸で作るタッセルです。

インテリアとしてだけではなく、バッグにつけても大丈夫な造りです。

コード・メイキング受講済みの方は、お好きな撚り方でコードを製作できます。まだの方は一番単純なコードとなります。

* 一人1つ作ります

必須:初めてのキー・タッセル 推奨:コード・メイキング、スカートの装飾orウエストの装飾

 

 

【 フリンジにチャレンジ 撚り房を作る 】 

¥12,000 / 4h

(写真準備中)

糸を撚り合わせた「フリンジ」は、タッセルの装飾の一部として活用します。

大変難易度が高いので、この回ではフリンジに集中し、シンプルな撚り房として完成させます。

頑丈に仕上がるので、バッグにつけて振り回しても大丈夫!

「撚り合わせる」作業が多くなるので、コード・メイキング受講後だと作りやすくなります。

* 一人1つ作ります

必須:初めてのキー・タッセル 強い推奨:コード・メイキング 推奨:スカートの装飾orウエストの装飾

 

 

【 ヘッドの装飾 ネッティング 】 

¥12,000 / 4h

(写真準備中)

ヘッドの装飾の技法は様々。ここではやはり難易度が高い「ネッティング」に挑戦します。

とても地道な作業となりますが、これが出来るようになるとクラシカルな表現の幅が広がります。

眼鏡等が必要な方は、絶対に忘れないようにご注意ください。

ネッティングが完成したら、それ以外はシンプルなキータッセルとして仕上げます。

* 一人1つ作ります / 1時間ほどの延長の可能性があります

必須:「初めてのキー・タッセル」を含む、キー・タッセルのワークショップ3回以上の受講経験

 

 

【 初めてのカーテン・タッセル 】 

¥24,000 / 6h

写真は一作例です。木型と全体のシルエットのみこのまま、細かい装飾や色使いは各自でデザイン可能です

しっかりと練習を重ねたら、ついにカーテン・タッセルです。

これまでの技術を応用しながらカーテン・タッセルとして2個1組、左右用のペアとして完成を目指します。

木型はこれまでより大きめのサイズに。いくつかの素材を組み合わせて、丁寧に装飾してみましょう。

スカートはシンプルに仕上げますが、長くなるので扱う糸の量は倍増し、注意が必要です。

お昼休憩を入れながらまる1日かかりますが、1つを完成させ、もう1つは半分程まで、残りは宿題となります。

* 一人2つのカーテン・タッセルを作ります / 宿題分の材料費を含みます

必須:「初めてのキー・タッセル」を含む、キー・タッセルのワークショップ3回以上の受講経験