back to Home

タッセル・ワークショップのご案内

[ 2017年10月開催予定 ]

予約サイトにて公開済み

 

先々月より予約専用サイト(クリック)を開設しています。

こちらよりご確認し、お申込みください。

初めてご参加される方は必ずご住所もご記入ください(2回目以降は不要です)。

 


 

【 いつでもどなたでも受講できる単発ワークショップ 】 

- リースにあわせたい 麻のタッセル

- ベルベットリボンのミニ・タッセル

- ダブル仕様の日傘のタッセル

- 並べてカワイイ タオルに縫い付ける簡単ソフト・タッセル

【 ソフト・タッセルのワークショップ 】 順番に

- 細部まできれいに作るソフト・タッセル

- ソフト・タッセル応用編 細く小さく

【 キー・タッセルのワークスショップ 】 Aから少なくとも一つ受講後に、Bへ

- バッグにつけよう 初めて作る キー・タッセル【A】

- ステップアップ シルク糸で作る キー・タッセル【A】

- シルク糸で挑戦 コード・メイキング

- 陶器のドアノブで作るキー・タッセル【B】

- POMPON 毛糸でキー・タッセル【B】

- キー・タッセル中級編 ラフを加える【B】

※ 材料費はレッスン用の特別価格です、材料のみご購入の場合とは異なる場合がございます。

 


 

【 リースにあわせたい 麻のタッセル 】 

レッスン料¥5,000 + 材料費¥1,500 / 定員6名 / 3h

tassel-class-2 

ガーデニング用麻ひもで作る簡単なタッセルです。

お色は赤・紺・緑と、ナチュラル、アイボリー、グレー等からお選びいただけます。

各自2つ作るので、バランスよくリースにつけていただけます。違う色で一つずつ作っても。

タッセルとリース

リースにつける場合はこれに近いイメージになります(上写真のタッセルは製法・材料が少ーし異なります)。

もちろんリースにつけず単独でもご使用いただけます。耐久性の高い素材なので、半屋外の使用もOK。

* リースは付属しません / 丈夫な麻で、ややチクチクする素材です / キー・タッセルのような見た目ですが、ワイヤーは使用しないで製作します / 早ければたいだい2時間半で終了します、個人差があります

 

 

【 ベルベットリボンのミニ・タッセル 】

レッスン料¥5,000 + 材料費¥2,000 / 定員6名  / 2h(+30mins?)

tassel-class-1 花とタッセル

タッセルのエッセンスを詰め込んだ、サリータッセルのオリジナル手法によるミニ・タッセル。

さらさらと揺れる房とクラシカルなベルベットのリボンが特徴です。

ドレープ感がきれいな特別な糸で房を作り、何色ものリボンから一番自分の好きな組み合わせを選んでデザインします。

基本的に販売している作品と同じデザインのレッスンはしておりません。タッセル作りを楽しんでいただくため、このデザインのみ特別にワークショップでも取り扱っております。

* 使用する金具のデザインが異なる可能性があります / 約2時間~2時間半(個人差あり)で、一人一つのミニ・タッセルを作ります

 

 

【 並べてカワイイ タオルに縫い付ける簡単ソフト・タッセル 】

レッスン料¥5,000 + 材料費¥1,500 / 定員6名 / 3h

(写真準備中)

ハンドタオルにカラフルな絹糸で簡単なソフト・タッセルを縫い付けていきます。

他のソフト・タッセルとは違う簡易バージョンの作り方なので、さくさく作れます。

タオル1枚はプレゼント、他につけたいタオルがある場合はご持参ください。

 

 

【 ダブル仕様の日傘のタッセル 】

レッスン料¥5,000 + 材料費¥1,500 / 定員6名 / 3h

(写真準備中)

日傘の季節になりました。日傘にこだわったら、タッセルにもこだわってみましょう。

芯に木玉を使ったしっかりとした存在のあるタッセルをダブル仕様で。お色はもちろん日傘に合わせて。

落ちにくい結び形もご紹介するので、ぜひ日傘をご持参ください。

* 約3時間(個人差あり)で、一人一本(タッセル2つ付き)作ります

 

 

【 細部まできれいに作るソフト・タッセル 】

レッスン料¥5,000 + 材料費¥1,500 / 定員4名 / 4h

(写真準備中)

タッセル作りの基礎の基礎、「ソフト・タッセル」のワークショップです。

細部をきれいに仕上げることに重点を置き、力加減や指の動かし方などのノウハウを伝授します。

クリップオン(端にカニカンをつけてポーチなどにつけられる形)として完成させてみましょう。

* 使用するパーツ・ビーズ類は、時期により異なる可能性があります

* 約4時間で、一人三つのタッセルを作ります、練習1つに完成版2つとなります

 

 

【 ソフト・タッセル応用編 細く小さく 】

レッスン料¥5,000 + 材料費¥1,500 / 定員4名 / 3h (+30mins?)

(写真準備中)

ソフト・タッセルをなるべく小さく、細く作る場合の工夫をお教えします。

専用の糸を使って、ピアスかバックキャッチ用に制作します。

* キャッチ金具が材料に含まれます / ピアスを使用しない場合は、イヤリング等にも使えます

 

 

【 バッグにつけよう 初めて作る キー・タッセル 】

レッスン料¥5,000 + 材料費¥3,000 / 定員4名 / 4h

tassel-class-3

ワイヤーを使ってキー・タッセルを作りましょう。本格的なタッセル作りの入り口となるワークショップです。

主にバッグやポーチにつけることを想定した素材で、糸の色や装飾(写真左のレース部分)は、在庫の中から自由にお選びいただけます。

色やバランスを調整できるよう、あわせるバッグやポーチをお持ちください。その他、必要なものは特にありません。

* 上写真では木型部分にギンプと言う素材を使っています。こちらは扱いが大変難しいので、実際はやや太めの別素材かコードを使用します / 約4時間で、一人一つのキータッセルを作ります / 在庫状況にあわせて、使用する糸の種類が変わる可能性があります

 

 

【 ステップアップ シルク糸で作る キー・タッセル 】

レッスン料¥5,000 + 材料費¥4,000 / 定員4名 / 4h

「バッグにつけよう 初めて作る キー・タッセル」の上級編です。素材をレーヨンからシルクに変えて、木型の装飾も難易度の高い「ギンプ」にチャレンジします。

* 約4時間で、一人一つのキータッセルを作ります / 在庫状況にあわせて、使用する絹糸の種類が変わる可能性があります

 

 

【 陶器のドアノブで作るキー・タッセル 】

レッスン料¥6,000 + 材料費¥5,000 / 定員4名 / 4h (+30mins?)

* 写真は参考です、ほぼこのデザインです。

絵付けが可愛い陶器のドアノブを、金属パーツごと使ってキー・タッセルにしてみましょう。

スカートは2段の造りになり、かかる手間も使う糸の量もぐっと増えます。

シルク糸をたっぷり使うので、ふんわりと広がるシルエットのタッセルが完成します。

【 細部まできれいに作るソフト・タッセル 】の受講が必須、キー・タッセルのワークショップ【A】を少なくとも一度受講している必要があります。

* 陶器のドアノブは数種類ある中からお選びいただけます、写真と同じデザインはない場合があります / 個人差により30分ほど延長の可能性があります

 

 

【 POMPON 毛糸でキー・タッセル 】 

レッスン料¥6,000 + 材料費¥3,000 / 定員4名 / 4h (+30mins?)

ボリュームたっぷり、ポンポンだらけ!なんだか気持ちが癒されるタッセルです。

キー・タッセルのワークショップ【A】の受講が必須、コード・メイキングの受講が推奨です。

コード・メイキング受講済みの方は、右側の作例のようにお好きな撚り方でコードを製作できます。

まだの方は、右の作例のように一番単純なコードとなります。

* 個人差により30分ほど延長の可能性があります

 

 

【 シルク糸で挑戦 コード・メイキング 】

レッスン料¥5,000 + 材料費¥3,000 / 定員4名 / 4h (+30mins?)

糸を撚り「コード」を作る技術は、タッセル作りに欠かせません。

最も簡単なコードは、一方向に単純に撚って作るロープ状のもの。

ここでは高い装飾性を求め、糸の束を複雑に撚り合わせたコード6~7種類を作っていきます。

【 細部まできれいに作るソフト・タッセル 】の受講が必須です。

* 写真は最終的に作る1作品分です。

 

 

【 キー・タッセル中級編 ラフを加える 】 

今回のみお試し価格¥12,000 / 定員4名 / 6h (+1hお昼休み)

(写真準備中)

1日かかるワークショップ、お昼休憩が1時間入ります。

※初開講なので、今回のみのお試し価格。次回以降¥15,000となります。

キー・タッセルのワークショップの受講が必須、コード・メイキングの受講が推奨です。

 

 

[ お申し込み ]

「予約専用サイト(クリック)」からお願いいたします。

基本的にメールでご連絡いたしますが、ご登録されたメールアドレスにメールが届かない場合がございます。

携帯のアドレスで特に多いですが、gmail などをご使用の場合でもたまにあるようです。

念のためにお電話番号もあわせてお知らせください。

 

専用サイトが使えない場合は、以下からお願いいたします。

お申込みフォーム(クリック)